多具里(タグリ) 伝えていきたい味がある 日本の宝

商品一覧

潮かつお焼身

多具里(TAGURI)潮かつお焼身
約1300年位前、西伊豆に多具里(タグリ)と言う里があり、そこから年貢として干したカツオが納められていたそうです。西伊豆ではあたりまえのように当時と変わらぬ製法で作られ続けている潮かつおは、年末の伝統文化へかたちを変え、大切に守られ奇跡的に存在する古(いにしえ)の味です。塩味の強い食材ですので、現代の食文化にあわせトッピングとして和風パスタやサラダ等に散らしたり、すりおろして塩味の効いたカツオ風味を新しい調味料としてお使い下さい。内容量:50g
販売価格:864円(内税)
多具里(潮かつお焼身)の購入はこちらから

だしの起源

多具里(TAGURI)だしの起源
鰹色利(かつおいろり)と言う調味料をご存知でしょうか? 堅魚煎汁とも言われ、かつおのあら等を煮詰めた物で、年貢として重要貢納品に指定されるほどの嗜好品であったらしいです。野菜等を煮る時に味付けの一つとして使っていたと考えられます。これが日本のだし文化のはじまりと言えるのではないでしょうか? この度、多具里(TAGURI)の為に鰹色利を復刻し、鰹節、潮かつおをあわせ、現代風の顆粒だしに仕上げました。出汁(だし)としてはもちろんですが、スープや煮物の隠し味、もしくはふりかけとして、はじまりの味をお楽しみ下さい。内容量:90g
販売価格:864円(内税)
多具里(だしの起源)の購入はこちらから

潮かつお茶漬け

多具里(TAGURI)潮かつお茶漬け
食材へのこだわりから、そのルーツを探り作り続けている人達がいます。今回、多具里(TAGURI)の為に様々な方々のお力添えにより集める事が出来たこだわりの素材を混ぜ合わせております。自然が作り上げた素材の味は、まるではじめて食べたかのような感覚です。天然の岩のりが持つ旨味、それを引き立てる塩分に潮かつおを使い甘みに桜海老を使用しています。 醤油をひとたらししてお茶漬けに、パスタやスープにふりかけたりして古(いにしえ)の味をお楽しみ下さい。 内容量:25g
販売価格:864円(内税)
多具里(潮かつお茶漬け)の購入はこちらから

神楽南蛮&田子節みそ

多具里(TAGURI)神楽南蛮&田子節みそ
西伊豆は昭和初期にかけて鰹の水揚げ地として名を上げ、鰹節作りを盛んに行っていました。そのころ家庭のおかずとしてよく作られていた懐かしい味の節みそを伊豆産の神楽南蛮を入れて商品化しました。 職人が作り続ける田子節を甘辛く炊き上げ、味噌で和えたシンプルな味、ピリッとした神楽南蛮の辛味と食感にご飯がすすみます。 野菜につけたり、チーズと合わせてオードブルにと昔の味を現代風にアレンジして召し上がっていただけたら幸いです。 内容量:120g
販売価格:864円(内税)
多具里(神楽南蛮&田子節みそ)の購入はこちらから

かつお塩辛&ガーリック

多具里(TAGURI)かつお塩辛&ガーリック
今、失われてゆく日本の食材があります。昔から同じ製法で作られる食材は保存する為に塩辛かったり、クセがあります。そんなかつお塩辛を現代風の食品に使えないか?そんな発想から塩漬け文化のあるイタリアの家庭料理調味料バーニャカウダ風のソースに仕上げました。 かつお塩辛の独特の旨味がいきたソースは野菜スティックやパスタの味付け、肉料理や焼き魚に良くあいます。 失われてゆく食材を今の食文化にあわせて商品化すべく考案しました。 内容量:120g
販売価格:864円(内税)
多具里(かつお塩辛&ガーリック)の購入はこちらから

静岡県西伊豆の地に多具里と呼ばれる里がありました。

そこには、西伊豆の豊かな気候と風土、永い歳月により育まれた本物の味があり、職人の手により生み出された日本の食文化には欠かすことのできない食材があります。

熟練した加工技術により最良の味に仕立ててお届けすることを心がけ、試作に試作を重ねて作ったものに科学的な検査をし、多くの方々からアドバイスを受けて完成させております。

安心安全はもちろん「日本の食文化を守り発展させること」を社会的使命と考え、商品化しております。


多具里(タグリ)についてのお問い合わせはお気軽に TEL:058-52-0132